ちょっと




心に




秋風が冷たく感じたとき







f0279825_16191677.jpg








Baliの珈琲(コピ)を



大好きなジェンガラ焼き(Baliの陶器)のカップで飲みながら










f0279825_16192588.jpg









マサイマラの大地と、





その空気を感じて☆彡









f0279825_16193786.jpg








ナベサダを聴く♪


















素敵なフォトブック「サバンナ旅行日記」を作られた



ブロ友、旅プラスさんに感謝します!




















そんな素敵な、旅プラスさんの日記は

こちらです♪

(^_-)-☆


















[PR]
by bulanchan | 2016-09-28 17:53 | | Trackback | Comments(2)

f0279825_00124742.jpg





















































[PR]
by bulanchan | 2016-09-28 00:22 | | Trackback | Comments(6)

秋を感じて・・・☆



大雪山の標高2,000Mは、緯度が北にある為
本州の3,000M級に匹敵します。

黒岳山頂の標高は1,984M。年平均気温は-3・8度程度。
これは、アラスカの中北部と同じであり、すなわち黒岳に登ることによって
植生的にはアラスカまで歩いたことになるのです。









f0279825_19401998.jpg










恋しい日々が

続いております(笑)



















































[PR]
by bulanchan | 2016-09-22 19:50 | | Trackback | Comments(6)

Mori・・・☆








f0279825_19375032.jpg





































































[PR]
by bulanchan | 2016-09-20 20:00 | 気ままに | Trackback | Comments(0)

空の藍・・・☆







f0279825_01563444.jpg





































































[PR]
by bulanchan | 2016-09-20 03:00 | | Trackback | Comments(4)



石室で珈琲タイムを過ごした後、

雲ノ平へと歩き出した。



f0279825_23410898.jpg









単調な歩きだが、雲や山並みを見渡すだけでも嬉しい気持ちになる♪










f0279825_23412574.jpg










だらだら歩く・・・

本当の所は疲れている(笑)











f0279825_23413942.jpg









何度も振り返っては烏帽子岳を眺めて・・












f0279825_23415491.jpg




















f0279825_23420682.jpg

















f0279825_23422064.jpg









もうだいぶ歩いたし、そろそろ戻らないと・・












f0279825_23425346.jpg









しかし、これだけの天気!遠く向こうで何かが私を誘う感じで


歩く。












f0279825_23430498.jpg










せめて北鎮岳の辺りまで行きたい。










f0279825_23432445.jpg










右に北鎮!この道の先の、あの小高い所まで歩こう!










f0279825_23434064.jpg








歩く。












f0279825_23440256.jpg












歩く。








f0279825_23441392.jpg









でも、もうそろそろ戻らないと・・











f0279825_23443843.jpg










11:30に折り返せば何とか間に合うかな(^_^;)

ならばあともう少しは大丈夫な筈。










f0279825_23445628.jpg










あの先が観たい!










f0279825_23451277.jpg








前方を歩いてた欧米人カップルが左側に寄り立ち止まって何やら眺めていたので

私も、そこまで行ってみた。











f0279825_23453826.jpg








川でした。











f0279825_23455497.jpg










妙に、川の流れを見入ってた私です。








f0279825_23461632.jpg








もう本当に折り返して石室でトイレに立ち寄り、黒岳に戻り即下山しないとなりません!













f0279825_23463223.jpg








来た道を戻ります。











f0279825_23464400.jpg







石室からの何度かの登りに疲労も感じ

あともうひといきの黒岳頂上が見えて来ました。













f0279825_23470362.jpg








頂上を13:00スタートで下山して最終的にバス乗り場に到着したのは

15:30でした(^_^;)

ザックをバスの中に置いて急いでトイレに行き、

15:40発旭川行きバスに無事乗り込む事が出来ました(^_^;)

その後のバス等の乗り継ぎもスムーズに行き帰宅は20:30頃でした。

流石に疲労困憊でしたが無事に帰宅出来何よりでした。

今回も、素晴らしい景色を見せてくれた黒岳と自然に感謝!

快く送り出してくれた母に感謝!

笑顔と元気をくれた登山者たちに感謝!

そして、見守ってくれた父に感謝!

今回も沢山の反省点、問題点は有りますが

それでも、「そこに山があるから」私は登りたい♪

ゆっくりと(笑)









































[PR]
by bulanchan | 2016-09-20 00:46 | 登山 | Trackback | Comments(2)








f0279825_07220851.jpg

[PR]
by bulanchan | 2016-09-18 08:04 | | Trackback | Comments(6)



本来の予定では、晴れた石室方面の絶景を黒岳頂上から眺めたら

下山して、七合目ロッジで珈琲タイムで微睡んで、黒岳カムイの森のみちを散策して

層雲峡温泉13:30発の旭川行き道北バスに乗る予定でしたが、それを止めて

石室往復ならば間に合いそうなので、せっかくの秋晴れ♪惹きこまれるように石室へと向かう・・



f0279825_08063716.jpg






















f0279825_08070265.jpg








約30分の歩きの筈なのだが・・











f0279825_08072176.jpg



















f0279825_08074250.jpg







景色に見惚れ、中々進まない(^_^;)











f0279825_08080306.jpg








つまりは、いちいち写真撮ってる訳で(笑)


前日からの疲れも有る(^_^;)










f0279825_08082726.jpg



















f0279825_08085477.jpg








本日は、山だけではなく空も美しい!360°見惚れながら

トボトボ歩く(笑)









f0279825_08091364.jpg




















f0279825_08093017.jpg










紅葉には早かったけど、良い景色です^^












f0279825_08094823.jpg





















f0279825_08103750.jpg





















f0279825_08105770.jpg









40分かかっての石室です。










f0279825_08111528.jpg



















f0279825_08114279.jpg









ここで珈琲タイムといきます♪



黒岳石室

1923(大正12)年に建設。

宿泊~2,000円  
テン場使用料~500円
シュラフレンタル~1,000円(トイレ利用協力金200円含)






f0279825_08145464.jpg










左側がバイオトイレ。その横全体が宿泊施設(^_^;)









f0279825_08151615.jpg



















f0279825_08123907.jpg








以前にも少し紹介しましたが、中はこんな感じ。

本当に避難小屋って感じです。









f0279825_08115855.jpg
















f0279825_08121930.jpg





















f0279825_08125994.jpg



















f0279825_08132354.jpg



















f0279825_08134307.jpg


















f0279825_08135998.jpg











外のテーブル、その向こうはテン場、向こうに見えるは北鎮岳と右が凌雲岳。






f0279825_08141904.jpg

















ここで、Cafe Bulanしました。




f0279825_08143525.jpg



さてと。。

そろそろ下山しないとぉ~。。

いや♪私にとっては未踏の地へ進んでみよう♪

はい!バスは15:40のに予定を変更して、お鉢平展望台方面、雲の平を歩く事に!

こんなに良い天気!勿体ないよね☆彡

今後の旭岳縦走への感触を少しだけでも掴もうと(笑)





って言う事で、またしてもto be continued・・・☆































[PR]
by bulanchan | 2016-09-16 19:30 | 登山 | Trackback | Comments(4)


2016年9月12Mo

黒岳登山2日目は、五合目辺りから雲海が拡がった!

しかもラッキーな前触れなのか?ブロッケン現象が!!!分かりますか?

多分そうですよねぇ!?








f0279825_23323623.jpg








山歩きは矢張り、早朝スタートが好きな私です。













f0279825_23163702.jpg















五合目展望台からの黒岳!





f0279825_23170795.jpg









逆側の温泉街は雲の下。






ニセイカウシュッペ





f0279825_23174181.jpg





















f0279825_23181533.jpg











黒岳七合目ロッジが見えます。









f0279825_23184650.jpg





















f0279825_23191864.jpg












桂月岳に凌雲岳









f0279825_23195194.jpg

















最高の登山日和です!

6:54スタートです。



f0279825_23202637.jpg





















f0279825_23210436.jpg




















f0279825_23213861.jpg






















f0279825_23221805.jpg





















f0279825_23224945.jpg






















f0279825_23232344.jpg





















f0279825_23240218.jpg













何だか今の自分みたい(笑)







f0279825_23243862.jpg









相変わらずスローペースでだらだら歩いて(前日の疲労もあって)

ようやく登頂!










f0279825_23254492.jpg




















f0279825_23262548.jpg











本日はヤッホーーーー♪\(^o^)/って感じ。



何人かソロの女性が居ましたね。昨日とは大違い。











f0279825_23250844.jpg





あまりの天気なので、予定を変更して石室まで歩くことにしました♪








to be continued・・・☆
















[PR]
by bulanchan | 2016-09-15 00:01 | 登山 | Trackback | Comments(4)


2016年9月11日Su


札幌から5時間かけての層雲峡入りは、


いつもながら厳しい訳で(^_^;)







11:30のロープウエイに乗れましたが、怪しいお天気です。

f0279825_05581876.jpg












温泉街が遠く、小さくなって行きます。





f0279825_05583093.jpg













案の定、七合目も曇ってます。それに寒いのでもう一枚、アウターを重ねました。

登山事務所ロッジで届けを記入して12時スタートです。

写真やや右下あたりにロッジの屋根が写ってます。




f0279825_05584451.jpg











登り始めると、霧雨でした。

登山者もたくさんです。何組かのツアー団体に小グループで賑やかでした。

道は、ぬかるんでる所も何か所か有ったのに、何とスパッツ装着忘れの、おバカな私。






f0279825_05585631.jpg








写真中央部にリフトと、その少し左上にロープーウェイ駅が見えます。








f0279825_05590812.jpg








時々、雲間から光が差して

ナナカマドの赤いのが可愛く映えます。









f0279825_05592395.jpg








スローペースにだらだらと歩きます。


どんどん抜かされてます(笑)


それでも、ひたすら歩きます。









f0279825_05594324.jpg











霧雨の向こうに、うっすらとまねき岩が見えるけど

今回は、まねいてくれないようです(^_^;)





f0279825_05595883.jpg





運動不足で久しぶりの山歩きは、足がなかなか上がってくれません。

とにかくマイペースです。

急ぐ必要など無い訳だし、何より山の総てを感じて歩きたいだけだから・・・♪












f0279825_06000964.jpg







九合目を過ぎると、これでもか!と云うくらいのジグを切る歩きになる(笑)

それでも頑張って歩きます。










f0279825_06002652.jpg










歩きます。







f0279825_06003870.jpg






雲が沸いて来ます。

がんばれーーーー!あともう少しなんだからぁ!














f0279825_06005380.jpg








はい!ようやくの登頂です\(^o^)/

既に登頂してた団体さんが下山するところでした。

何も見えない頂上で雨が酷くならないうちに下山なのでしょう。








f0279825_06011462.jpg











頂上では、ウラシマツツジが赤くなってます。






f0279825_06014051.jpg








そして誰も居なくなった。。









f0279825_06015404.jpg








と思っていたら、石室方面からの団体さんが戻って来ました。









f0279825_06021601.jpg






私も、この後すぐに下山しましたが

途中で雨も本格的に降って来ました。なのに折角付いてるザックカバーも蔽うこともせず(カバー保管場所には他の物も入れて取り出しにくかった為)

スパッツも着けず(既に、ドロドロの靴に改めて装着したくなかった)の下山は、足元が非常に悪いの

で慎重に下りたので随分と時間がかかりましたが、無事下山出来ました。

そのまま今回の宿へと向かい、チェックインを済ませた後

直ぐ近くの登山軒らーめんを食べに行きました♪








to be continude・・・☆



















[PR]
by bulanchan | 2016-09-14 06:15 | 登山 | Trackback | Comments(4)